経営事項審査とは?

ここでは公共工事に参加するための手続き「経営事項審査」について、解説していきます。
取得や手続きでわからない場合は、ご依頼・ご相談ください!

公共工事に入札するためにはどうすればよいか?
公共工事に入札するためには経営事項審査を受けなければなりません。「ケイシン」と省略して呼ばれます。

経営事項審査は【経営状況分析】と【経営規模等評価】に分かれています。

経営状況分析とは、会社の経営状況についてみる審査制度です。企業の財務諸表などをもとにして、収益性や健全性などを計算し、点数を出します。申請は「登録経営状況分析機関」に対して行います。

経営規模等評価とは、工事の種類ごとに平均完成工事高や技術職員の数など経営の規模を判断し、点数を出します。申請は建設業の許可を出した行政庁に対して行います。神奈川県知事許可をお持ちの場合は、神奈川県知事に対して申請するということです。

経営事項審査の流れは?
まず「決算変更届」を提出します。

次に登録経営状況分析機関に経営状況分析の申請を行います。すると、「経営状況分析」についての結果が通知されます。

その結果を添付し、今度は許可行政庁(※神奈川県知事など)に経営規模等評価申請を行います。このとき「総合評定値の請求申請」も行います。すると、「経営規模等評価」についての結果が通知と、「総合評定値」についての結果が通知されます。

経営事項審査を受けるタイミングは?
経営事項審査を受けた企業が公共工事の請負契約をすることができる期間は、結果通知書を受領した後から、経営事項審査の審査基準日(=決算日)から1年7ヶ月の間に限られています。毎年公共工事に入札したいという場合には、切れ目なく参加資格のある状態が継続していなければなりません。そのためには、毎年決算後3ヶ月以内を目安に経営事項審査を受けることになります。

したがって、決算後のタイムスケジュールとしては
決算日 → 決算の変更届(建設業許可に関する届です) → 経営事項審査の申請

このように滞りなく進めていくことが必要です。

建設業許可を取得してすぐに経営事項審査を受けられるか?
経営事項審査を受けるためには建設業許可を取得していなければなりません。
そして建設業許可を取得すれば、経営事項審査を受けることが可能です。経営事項審査は最後の決算日を基準に判断されます。

建設業許可を持っていなければならないというのは、経審の申請日時点の話で、基準となる決算日に許可を取得していることまでは求められていません。

経営事項審査は公共事業に入札しなければ無意味か?
経営事項審査は総合的に企業力を判断する審査です。最終的には点数で評価されます。この点数でもって、入札できる公共工事の規模が決まってきます。規模の大きな工事に入札したいのであれば点数も高くなければなりません。

経営事項審査は建設業者様のいわば『通信簿』のようなものです。経営事項審査そのものでは会社の保険の加入状況や技術者の人数なども申請して点数が決まりますので、単なる売上高だけでなく、まさに「建設業者としての総合力」を見られます。

公共工事に入札予定の無い業者様にとっても『通信簿』として利用することができます。経営事項審査を受けることで会社の『通信簿』を出してもらい、そこからどこを改善させていったらいくか、戦略的に策を練ることも一つの方法です。

当事務所でシミュレーションだけすることも可能です。ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

経審の点数を上げたい方へ
経審の点数は入札参加資格の格付に大きく影響します。経審点により、横浜市であればAランクからCランクまでに分類され、それにより入札出来る工事の規模が変わります。

そのため、経審点のアップを目指している会社様はたくさんいらっしゃり、弊所でも点数アップ策のご提案をさせて頂いています。

例えばどんなアップ方法があるのか。ごく一部ですが、こんなものがあります。

(1)どの工種の点数を上げたいか優先順位を明らかにし、2年平均、3年平均両方のシミュレーションを行い、都合の良い方を選択する
(2)決算期によっては経審申請のタイミングを調整することにより、都合の良い期の方を選択する
(3)工種の分け方が適正になされているか、一つ一つ確認をする
(4)経審の申請をしない業種の完工高を一式工事の完工高などに積み上げる
(5)財務諸表を徹底解析し、経営状況分析点のアップを図る

本格的に経審点のアップをご希望の会社様からは、まずは経審の結果通知と、決算変更届、財務諸表を見せて頂きます。そこから点数が上がる可能性がある部分をご提案していきます。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

神奈川県、横浜市でお困りの方!
建設業許可申請なら、横浜中央合同事務所へ、是非ご相談ください!

事務所案内

事務所入口 応接室 外観

ごあいさつ

横浜の建設業許可申請、経営事項審査はお任せください!

当ウェブサイトをご訪問頂き、誠にありがとうございます。当事務所は横浜を中心として建設業許可をはじめとした各種許認可の申請を専門としております。

専門としている建設業許可に関しましては、毎年の決算変更届、5年に一度の更新手続き…と許可取得後も欠かすことのできない手続きが続いていきます。

また他の行政手続きに関しましても、総じて煩雑・複雑なものが多く、お客様ご自身で進められるには時間・労力といったコストがかかりすぎる場合が多く見受けられます。

私たち行政書士は、お客様に本来のお仕事に専念して頂くために、ひいてはお客様の事業の更なる発展のためにお手伝いさせて頂いております。ご面倒な書類の作成や申請はまるごとお任せ頂けるサポートを行います。

また単なる行政的手続きだけの事務所で終わることなく、この横浜の地で、お客様と共に成長・発展していくことのできる末永い親密な信頼関係を築くことを目標としています。

そのような関係を築けるように、責任もって業務を遂行致します。

これからも横浜を舞台に活躍されるお客様の一層のご活躍に微力ながら貢献できるよう、一生懸命に業務を行って参りたいと思っております。

行政書士 横浜中央合同事務所
許認可専門行政書士 藤田麻衣子

建設業許可申請FAQ






何かご不明な点、わからないことがあれば、ご依頼・ご相談ください!

行政書士藤田麻衣子ブログ新着情報

ご予約・ご相談 お電話でのご予約045-877-1345 当サイトからのご予約 フォームからのお問合せ ※フォームでのお問合せは24時間受付しております。お気軽にご相談ください!お待ちしております! 営業時間10:00~17:00 定休日土日祝日休み ※可能な限り土日祝日も対応させて頂きます。事前にご連絡下さい。お待ちしております。